失った歯は補いましょう

最善と思われる治療をご提供

むし歯や歯周病、あるいは事故によって、人は歯を失ってしまうことがあります。歯を失った部分を放置すると、咬み合っていた歯が伸びてきたり、両隣の歯があいたスペースに倒れこんだり、歯列や咬み合わせに影響を与えたりすることがあり、残った歯に余計な負担がかかることでお口全体のバランスが崩れてくることも。

こういった事態にならないためにも、歯を失ってしまったら、早めに歯の機能を補う必要があります。患者さんのお口の状況や生活スタイルに合わせて、最善と思われる治療をご提供していきますので、ぴったりの治療法を一緒に見つけていきましょう。

アルファデンタルクリニックの取り扱い入れ歯

金属床義歯

金属床義歯イメージ

入れ歯と口腔内粘膜の触れる部分「床」に金属を使用した入れ歯です。保険適用で作る「レジン床義歯」の場合、材質の特性からどうしても床が厚くなってしまうためフィット感が悪く、よく咬めない、食べ物の温度や味が伝わりにくいといった問題を抱えていました。金属床義歯は、金属を使用することで床を薄くでき、食べ物・飲み物の温度が伝わりやすいので「食事の楽しみがよみがえった」という声も多く聞かれるのが特徴です。また、丈夫で耐久性にも優れています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャイメージ

金属バネを使用しない部分入れ歯です。従来の部分入れ歯は、金属バネを残った歯にひっかけることで支えとしていたために、歯の寿命を縮めるなど負担となっていました。ノンクラスプデンチャーでは、この問題を解消しています。薄く、軽く、粘膜や舌が触れる部分の感触も良好です。入れ歯とわかりにくいので、見た目が気になっていた方にもおすすめです。

バイオシリコンデンチャー

バイオシリコンデンチャーイメージ

柔軟性のある樹脂を使用した部分入れ歯です。材質がやわからくフィット感が良いのが特徴で、金属バネを使用した部分入れ歯のように、痛みを感じることもありません。ぴったりとお口に吸着するため、しっかり咬みしめることができます。残っている歯に負担もかけず、健康に守りたいならおすすめです。

入れ歯のお手入れ方法とメンテナンス

入れ歯は自分の歯と同じように丁寧に扱い、毎日のお手入れで清潔に保ちましょう。

お手入れポイント1 毎食後・就寝前にお手入れを

毎食後・就寝前にお手入れを

お口のブラッシング時には取り外し、専用のブラシで隅々まで汚れを落としましょう。研磨剤が入った市販の歯みがき剤は傷つきやすいため使用はあまりおすすめしません。

お手入れポイント2 乾燥させないで

乾燥させないで

入れ歯は乾燥に弱いため、お手入れ後は水を入れた容器で保管しましょう。専用洗浄液の使用も良いでしょう。

お手入れポイント3 衝撃や温度差に注意

入れ歯は精密に作られていますので、落として衝撃を与えないようにしてください。熱湯に浸けるなど激しい温度差になる環境も避けましょう。

☆定期健診で入れ歯のメンテナンスを

日々刻々と変化しているお口に対して、入れ歯は変化のない人工物。お口にぴったりの状態を維持するためにも、定期健診で入れ歯のメンテナンスを受けましょう。

現在お使いの入れ歯にお悩みの方へ

しっかり噛んできちんと会話できるよう入れ歯や調整も足立区の歯医者が承ります

加齢や虫歯、歯周病などで欠損した歯や、事故等で失った歯をそのままにしていませんか。また、入れ歯にしたものの何だか不自然で使いにくいとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は迷わず、川口市の当歯科医院にご相談ください。
新規での作製はもちろん、お使いの入れ歯の調整も喜んで承ります。ほんの少し手を加えるだけでフィット感が増したと、お喜びいただくケースは少なくありません。隣接する足立区からもたくさんの患者さまがいらっしゃる、信頼と実績の歯医者ですので安心してご来院ください。
入れ歯にも様々な種類や素材がございますので、お口の状況やご希望、ご予算等に合わせて最適なご提案をさせていただきます。しっかり噛め、きちんとお喋りできるように、川口市の当歯科医院をお選びください。

PageTop

関連リンク情報