歯がしみる・歯が痛い~むし歯でお悩みの方へ~

むし歯でお悩みの方

誰もがかかった経験があるむし歯。むし歯にならないためには、適切なブラッシングを毎日続けることが大切です。また、甘い物の摂り過ぎにも注意が必要です。でも、どうしてブラッシングをしたり甘い物に気をつけたりすべきか、ご存知ですか? ここでは、むし歯になる原因とメカニズムをご紹介します。

むし歯の原因とメカニズム

むし歯には大きく2つの原因があります。
  • むし歯菌(ミュータンス菌)の存在
  • お口の中に残る糖分

むし歯の原因とメカニズム

むし歯はプラーク内に潜むむし歯菌が、お口の中に残った食べかすに含まれる糖分を栄養源として酸を出し、その酸によって歯が溶かされていく病気です。むし歯菌は食後30分くらいから活発に活動し始めるため、それまでにブラッシングで食べかすをきちんと落とすことが大切なのです。また、糖分を多く含む甘い物は、むし歯菌の栄養源となりやすいので摂り過ぎには注意しましょう。

このほかにも洗浄力を持つ唾液の質や歯質など、むし歯の原因はさまざま。ご自身のお口の状態を把握して、きちんとケアするようにしましょう。

むし歯の進行段階と治療法

※クリックすると各症状の詳細が表示されます。

進行段階 症状 治療法
C4 【歯根まで達したむし歯】 歯根まで達したむし歯 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

当院では、できるだけ痛みを感じさせない無痛治療を行っています。無痛治療ってどんなもの?

PageTop

しみる症状は知覚過敏の疑いアリです

知覚過敏

むし歯は見当たらないのに、冷たい物や熱い物が歯にしみるようなら「知覚過敏」が疑われます。知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が摩耗することによって薄くなり、神経へ刺激が伝わりやすくなっている状態のことを指します。

知覚過敏の原因として考えられるもの

歯の摩耗

強すぎるブラッシング・長すぎるブラッシング・硬すぎる歯ブラシの使用 歯ぎしり・強い咬み締めによる歯の摩耗

歯ぐきの後退

歯周病で歯ぐきが下がり、エナメル質のない歯の根元が露出している

酸蝕

酸性の飲食物によってエナメル質が溶かされている 職業で酸を扱うことが仕事が方に多い酸う蝕症があります ホワイトニングによってエナメル質が酸蝕されている

知覚過敏は、原因によって処置や対策が異なります。しみる症状があるようでしたら、まずは当院へご相談ください。

ひどいいびきでお困りですか?

ひどいいびきでお困りですか?

就寝中にいびきがひどかったり、断続的に10秒以上呼吸が止まったりする症状があれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。このような症状が続くと眠りが浅くなってしまい、日中にひどい眠気に襲われたり集中力が低下したり、居眠り運転を引き起こすことすらあります。さらに、症状が長引くと、高血圧や不整脈、心疾患や脳梗塞などを誘発することも指摘されています。

睡眠時無呼吸症候群の治療のひとつに「スリープスプリント治療」があります。これは、歯科医院で歯型を採ってマウスピースを作製し、就寝時に装着する治療法です。

正常な場合 いびき症 スリープスプリント装着
正常な場合 いびき症 スリープスプリント装着時
歯の位置をマウスピースで適切に保つことで、舌が下がって喉を塞いでしまうことを防ぎます。 アルファデンタルクリニックでは、スリープスプリントの作製にも対応しておりますので、気になる症状があれば一度ご相談ください。

虫歯や知覚過敏、睡眠時無呼吸症候群も川口市の歯科医院にお任せください

学校や職場の歯科検診でよく聞こえてくるCの1や2という数値、何となく数字が大きくなるとまずいという印象はお持ちかもしれませんが、詳しくご存知の方はいるでしょうか。川口市のアルファデンタルクリニックでは納得して安心の治療を受けていただくため、虫歯のレベルについて詳しくご案内しております。
足立区からもアクセスがいい歯医者のアルファデンタルクリニックでは、虫歯治療はもちろん知覚過敏など、お口の健康にかかわる様々なお悩みに対応しております。
睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療も行っております。歯が痛い、歯がしみる、歯茎がうずく、出血した、いびきが酷くてよく眠れないといった症状があればお気軽に、足立区お隣の当歯医者へお越しください。

PageTop

関連リンク情報